天使の特性

最終更新日時 : 2016/06/24


一週空いてしまったのう。
すまぬすまぬ。

さて、今回はちと天使の話をするぞよ?
いあ、あの憎っくき稲置にも当てはまる話じゃがな。
あやつらは当然人間ではない。じゃからいろいろと人間と違う所があるのじゃ。まぁそれは当然じゃの。魔が人間よりも容易に使えたり、人の心が読めたり──いや、これはちょっと語弊があるな。人の欲するものがわかったり──という方が正確じゃな。
あとは寿命がなかったり、通常の武器では傷がつかなかったりといろいろじゃ。じゃがそんなことは誰しもが想像がつくことじゃな。天使と聞いて、人間と同じだったらその方が夢がないというものじゃ。

ぐっすりやすら

今回は天使たちの意外な人間との違いを教えるぞよ?
それはな、天使は寝なくて良いのじゃ。ふふふ、まぁこれも当たり前のことじゃな。あの稲置も熾永も睡眠というものは不要じゃ。そして、光人たちもな。当然じゃな。彼奴らの身体の仕組みがすでに動物ではないからの。
じゃが光人たちはまだ人間の常識が染みついておる。自然と眠くなり、人間と同じ体内時計を有してしまっているようじゃ。水帆と水翼くらいじゃのう、あの中で睡眠を取らなくて良いのを知っておるのは。じゃがあの二人はそもそも寝ることが好きなようじゃ。
やすらは少しその自覚が芽生えはじめているのじゃが……彼奴も睡眠が好きな性格からして、当分は睡眠のある生活をするじゃろうのう。

ちなみに人間の場合、人生の 1/3 が睡眠と言われておる。60 年生きれば、そのうちの 20 年は寝ておるわけじゃ。そうやってみるとなんとも睡眠によって人生を損しているように見えるが、睡眠は人生にとっても重要な体験じゃ。決して無駄なことはないのじゃ。

ところで妾じゃが、妾も睡眠が必要じゃ。
それはつまり妾も元は人間じゃからなのじゃ。どうあがいても、天使や悪魔は超えられぬのかもしれぬのう。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP