汐碕市に住むには

最終更新日時 : 2015/12/29


10 月ももう終わりじゃ。
一年も残る所、あと 2 ヶ月じゃな。汐碕市では初雪が観測されたのじゃ。これから汐碕市も冬に備えて、気圧や気温の調節に忙しくなるぞよ。

さてと、今日は汐碕市に転入したいときの話をするのじゃ。実は汐碕市には誰でもが住めるというわけではないのじゃ。汐碕市はその土地が限られているばかりか、他の土地とくっついているわけでもない。じゃから、人口に制限があるのじゃ。
主に酸素や飲み水、それからゴミ処理の問題じゃな。ゴミ処理は他市に請け負ってもらったりしておるのじゃが、地上に降ろすコストがバカにならんのじゃ。じゃからなるべく汐碕市内でリサイクルできるものはリサイクルしようといろいろ努力はしておるのじゃが……なかなか難しくてな。

というわけで、現在汐碕市に住める人数は 10 万 5001 人と決まっておる。この数字は科学的のみならず社会学的な要素など様々な角度から専門家が話し合って決めたのじゃ。これにプラス、観光客の分じゃな。我が市の観光客のキャパシティがこれまた 10 万人じゃ。つまりこの汐碕市に同時にいられる人間の数は約 20 万人ということじゃ。
じゃから、汐碕市にすでに 10 万人観光客がおったら、それ以上の人間は入ることができぬのじゃ。

じゃがこの制度は憲法 22 条に違反しているのではないかという話も出ておってなぁ、まったく面倒くさい限りじゃ。そもそもそれ以上人を入れたら、どうなるか解ったもんではないのにのう……ブツブツ。

で、じゃ、我が市に住むには基本的に我が市の不動産を取得することじゃ。別に賃貸でもかまわん。汐碕市に空きが出れば、普通に不動産会社が紹介するぞよ。モナコのように年収が何千万円ないと住めないとか、そういうことはないから安心するのじゃ。じゃが前にも話した通り、汐碕市に住むにはそれなりの所得が必要じゃ。物価が高めじゃからのう。
それとアレじゃ、高所恐怖症の人は住みにくいかも知れぬな。

ちなみに転出は自由じゃ。特に制限はないぞよ。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP