やすらの給与明細

最終更新日時 : 2016/06/24

あけましておめでとうじゃな。
松の内は過ぎてしまったが、皆、元気にしておるか?
妾は相変わらず元気じゃ。
汐碕市はもう一面の銀世界じゃ。気温もかなり低くてのう、外は -20 度近くにもなるのじゃ。それでも標高 6000m の中では暖かい方なのじゃ。

今日はじゃな、面白いものを手に入れたので公開するぞ。それは朝日奈やすらの給与明細じゃ。まず朝日奈やすらの立場から説明するとするかのう。
彼奴は立場上は国家公務員でな、いわゆる警察官じゃ。彼奴の場合はそこから先がさらに複雑でな、外国の捜査機関に出向ということになっておる。つまりじゃな、我が汐碕市にある朝日奈やすらのバイト先は、とある外国の出先機関というわけなのじゃ。
妾が排除したいと思っているのは、そういう理由だからじゃ。
とは言ってものう、日本政府がその国に要請してできた出先機関じゃから、妾もなかなか排除できぬのじゃ。この出先機関は汐碕市以外にも北海道と東京と京都にもあるのじゃ。
朝日奈やすらは警察庁警備局公安課所属じゃな。長野県警の公安課じゃないのがまた面倒なのじゃ。困ったことに汐碕市の権力が及ばぬのじゃ。

それはともかくじゃ、給料の中身はなかなか面白いぞよ?

まず基本給じゃが、28 万円じゃ。階級は「警部補」だからして、一般の会社で言うなら主任といったところかのう。そのあとに続く手当が面白いのじゃ。通勤手当はまー普通じゃが、寒冷地手当、特地勤務手当、営外手当、魔術作業手当、潜入手当、危険作業手当という6つも変な手当があるのじゃ。
どれもいつも付いているわけではないぞよ?
寒冷地手当は汐碕市に於ける営外での任務遂行時につくのじゃ。営外というのは簡単に言えば野外のことじゃな。朝日奈やすらはいつもは光人に家におるわけじゃから、あまり付かぬが、徹夜の任務遂行などで付いたりするのじゃ。汐碕市では夏は除外されてしまうのが欠点じゃの。
特地勤務手当は戦争状態のような場所での任務遂行時につくのじゃ。基本給の 50% が付くのじゃ。
営外手当は野宿などをした場合に付く手当じゃな。汐碕市で野宿した場合は、寒冷地手当とセットになるわけじゃ。
魔術作業手当というのは魔に関わる手当じゃな。技術手当+危険手当のようなものじゃが、朝日奈やすらは自分の力で魔を使うことはできぬ。ので、魔を行使できる職員よりは安めじゃ。
潜入手当というのは危険手当の一つなのじゃが、いわゆる命に危険のあるような場所に長時間潜入する場合に付くのじゃ。犯罪組織の潜入とかそういう類のものじゃな。外国の調査機関に出向している扱い上、この手当がついているようじゃの。
最後の危険作業手当というのが、分類化されていない諸々の危険手当じゃな。ここは人事課の裁量で決まってしまうなんとも切ない部分じゃ。

というわけでこれらを合わせると朝日奈やすらは月どれくらいもらっているかというとじゃな、だいたい 48 万~ 55 万の間じゃ。警察官で言うなら警部くらいの収入じゃな。基本給は警部以下なのじゃが、手当がいろいろ付いてこの金額になっておるというわけじゃ。
学生にしてはもらっておるほうかもしれぬが、朝日奈やすらのやっていることは、他人から見たら犯罪行為じゃ。万一、世間の目に晒されれば大変なこととなろうのう。それを考えるとあまりにも安すぎる給料じゃ。それに天野家の大黒柱でもあるからのう、朝日奈やすらとしてはもうちょっと欲しいと思っておるのではないかな?

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP